7月 09

ムダ毛を薄くする食材

前回ムダ毛を濃くする食材についてお話をしましたが、
今回はその逆でムダ毛を薄くする食材について紹介していきます。

上記のページでもお話しましたが、
ムダ毛を抑制するには、女性ホルモンであるエストロゲンを増やす事です。

そのために必要な食材を多く摂る事です。

女性ホルモンの活性化を促すのに最も良いのは、
イソフラボンです。

大豆
イソフラボンが多く含まれる食材として有名なのは
大豆系の食品。

具体的には、
●黄な粉
●大豆
●炒り大豆
●豆腐
●お味噌
などです。

これらのものを摂る事で、
女性ホルモンの活性化に繋がります。

また、大豆系の食品というのは、
ムダ毛だけではなく、健康にも良いですし、
ダイエットにもなります。
つまり、美容・健康に精通しているのです。

摂りすぎは良くありませんが、
このような食品中心の食事にすることで、
将来の体のためにもなります。

しかし、ムダ毛という観点では、
最終的には脱毛が必要です。

ムダ毛が濃くて悩んでいる方の悩みは深いですので、
食事だけではどうしようもないケースがほとんどです。

やはり、ムダ毛が多く濃い方は遺伝の要素があるので、
ある程度は仕方ありません。

しかし、脱毛すればそれらの悩みは嘘のようになりますので、
どうしても気になるなら、脱毛をするのがおすすめです。

7月 09

シミに良い食材は?

見かけ上で女性が最も嫌なのは、
シミではないでしょうか?

しわやくすみは隠すことができても、
シミは隠せないケースがあります。

本気でシミを治そうと思えば、
美容クリニックでレーザー治療を受け、
UVを付けてこれ以上ひどくならないように保護する
です。

もちろん、そうした事も大切ですが、
普段の食事からシミに対しての意識を高める事も必要です。
そして、シミができにくいお肌を作る事も大切です。

それではシミに効果のある食材はどのような物なのかについて
紹介していきます。

緑茶

●ビタミンC
これが最もわかりやすく、シミの原因であるメラニン色素を抑制してくれます。
ビタミンCが豊富な食材として、緑茶、焼き海苔、ピーマンです。
それが最も豊富にビタミンCが含まれています。

●ビタミンA
肌トラブルから皮膚を守ってくれます。
イメージとしては、ビタミンCでシミを治し、
ビタミンAで再発しないように皮膚を守るです。
最も含有量が多い食材は、豚と鳥のレバーです。

さらにシミにも種類と原因があります。
例えば、ホルモンバランスが崩れると出来るシミもあり、
そのような場合は、大豆系の食品が良いですし、

肝臓が弱くなると出来るシミには、
シジミが良いでしょう。

毎日全ての物を摂取する必要はありませんが、
ビタミンAとビタミンCは摂るようにしたほうが良いと思います。

また、シミが出来始めたり、もしくは予防する際にはこれからの食材を
多く摂る事は大切ですが、
長い間シミが出来ている方は、
やはり、美容クリニックで、レーザー治療をした方が良いと思います。

そして、レーザー治療でシミを改善し、
その後再発しないようにUVを常に付けたり、
ビタミンA、Cに食材を摂るようにすれば、
シミの予防にもなります。

7月 09

脱毛石鹸ってご存知ですか?

あまり聞きなれない言葉ですが、
脱毛石鹸っと言う事を聞いた事があるでしょうか?

その石鹸を使うだけで、毛が薄くなり、徐々に毛の生えてくる量が減るというものです。

この脱毛石鹸ですが、但し情報が書かれてあるサイトが少ないので、
このブログで紹介したいと思います。

まずこの脱毛石鹸、
正確には抑毛石鹸で、脱毛効果なんてありません。

このような石鹸やローション、ジェルやクリームなどで、
脱毛できるなら、わざわざ高いお金と長い時間をかけて、
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛をする方がいなくなります。
10年後、20年後先に医療が発展すれば話は別ですが、
現時点で石鹸で洗えば、脱毛出来るなんてありえません。

仮にそうした石鹸が開発されたとしても、
それは薬の部類になるので、人体に影響するような物を
一般販売することはないでしょう。

まず、こうした前提を理解して下さい。

脱毛石鹸

では、この脱毛石鹸(抑毛石鹸)はどのような仕組みかというと、
答えは簡単で、女性ホルモンを活性化させる成分が配合されているのです。

例えば、イソフラボン、ラレアディバリカタ葉エキスなどが
あります。
これからは毛の再生を抑えたり、毛の再生を抑える女性ホルモンの活性化を促します。

このように言うと、一見良さそうなもののように聞こえますが、
そこはあくまでも化粧品で薬ではありません。

効果が出る方もいれば出ない方もいます。
例えば、化粧品にコラーゲンが配合されるからといって、
お肌の乾燥が根本的に改善されるといっているようなものです。
そんなことはありえません。

あくまでも効果は一時的ですし、使うのを止めればすぐに元通りになります。
あくまでも脱毛ではなく、一時的な抑毛です。
また、仮に効果が出たとしても、使い始めてから1ヶ月はかかります。
イメージとしては、抑毛剤の石鹸バージョンです。

また、効果が早いと感じる方もいるようですが、
それは、チオグリコール酸が配合されているからです。

このチオグリコール酸というのは、
除毛クリームにも配合されている成分で、
簡単に言ってしまえば、毛を構成しているたんぱく質を溶かす成分です。

この成分の特徴は毛を溶かしてもくれますが、
実はお肌もたんぱく質で構成されているので、
お肌も溶かしてしまい、お肌がかぶれたり、ただれたりすることもあります。

その脱毛石鹸を石鹸として気に入っていて、
その上で、抑毛効果があるなら全然問題ありませんが、
はじめから抑毛効果を求めても違うような気がします。

何故なら、効果があるかたもいればそうでない方もいて、
何度も言いますが、薬ではなくあくまでも石鹸です。

7月 09

コラーゲンを多く含む食材

お肌に潤いを与え、肌トラブルの少ないお肌を保つために
最も必要なコラーゲンと言えます。
基本的に、しわが多くなったり、乾燥したりするのは、
コラーゲンの減少です。

また、お肌に潤いがない事で、
外部からの刺激にも弱くなり、肌荒れや敏感肌になっていきます。

しかし、多くの方はコラーゲンが豊富に含まれているという
化粧品や飲むコラーゲンなどを試していると思いますが、
果たして色々な肌トラブルを回避できていますでしょうか。

一時的には効果があっても、それらのものでは根本的な解決には
なっていないと思います。

それもそのなずです。
そのような化粧品を付けたり、飲むコラーゲンを飲んだりしても、
お肌のものにならなく、蒸発してしまいます。
ですから、結局のところ一時的な効果でしかないのです。

しかし、食事でコラーゲンが多いものを摂取すれば、
それはお肌のものになり、根本的に体内でコラーゲンを増やしてくれます。

もちろん、今日食べたからといって、すぐに結果が出るものではありません。
しかし、毎日コツコツ続ける事で、徐々にではありますが、
お肌へコラーゲンが増えていきます。

それではどのような物を食べるとコラーゲンが体内で増えるのか
おすすめの食材を紹介していきます。

牛スジ

●フカヒレ
●えび
●鳥の皮
●手羽先
●豚足
●牛スジ
●うなぎ
●豚レバ
●鳥のもも肉
などです。

フカヒレは有名ですが、
高級食材で頻繁に摂取できるものはありませんので、
牛スジなんかはコラーゲンが多く含まれているので、おすすめです。

7月 09

ムダ毛が濃くなる食材について

女性なら誰しもが、太くて濃いムダ毛が嫌なはず。
毎日頑張って毛を剃るが、剃っても剃っても生える日々。
そんな毎日嫌気がさすと思います。

そんな方に朗報が。

実はムダ毛を濃くする食べ物というのがあります。

ムダ毛が濃いというのは、
体内でアンドロゲンという男性ホルモンの分泌が多くなっている状態で、
逆に毛が薄いというのは、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が多くなっているのです。
つまり、男性ホルモンが体内で増えれば増えるほど、毛が濃くなり量が多くなります。
女性でも男性ホルモンは分泌され、
特に妊娠・出産、ストレスが増えるとその傾向にあります。

しかし、それらの事は避けては通れません。
特に現在のように女性も男性同様に社会に出て働く時代ですので、
そこでストレスを与えないというのが無理があります。

ただ、そうした事は仕方ないにしろ、
気をつけれることがあります。
それが食事です。

食材の中には、男性ホルモンの分泌を促すものがあり、
そうした食材を無意識的に食べている方が多いと思います。

脱毛したり、除毛クリームを使ったり、
ムダ毛処理をする方も多いのですが、
それは最終手段です。

確かに特に脱毛すればムダ毛が処理がいらなくなり、
食事に気をつけることはないでしょう。

無駄処理については、このブログと趣旨がずれるので、
このサイトを参考にして下さい。
http://www.i02ccs.com/

しかし、脱毛やムダ毛処理を考える前に
まずは食事を気をつけてムダ毛を薄くするのも良いではないでしょうか。

以下が男性ホルモンの分泌を促し、
その結果ムダ毛を濃くする食材です。
是非参考にして下さい。

お肉

●赤みのお肉
●牡蠣
●ブロッコリー
●卵
●ニラ・にんにく
などです。

また、インスリン値を上げる
炭水化物や糖分の多いものもあまりよくありません。

しかし、誤解しないでほしいのでは、
これらのものを完全に辞めるという事ではなく、
摂りすぎないでくださいということです。

病気でもない限り、過剰な摂取をしなければ特に問題ありません。
何をするにせよ、極端になると長続きしなく、途中で挫折してしまいますから、
結局中途半端になります。

そんなことをするなら、一層のこと脱毛した方が良いと思います。
長続きできる方法を探してください。